MODEL HOUSE

  • HOME >
  • 子育てに優しい街

全市立小中学校を快適な学習環境へ

各教室エアコン設置など、快適な学習環境!

全市立小中学校で快適な学習環境が整っているので、集中して勉強することができます。
また、省エネ化を図るため、太陽光発電設備の整備も行っています。

ポイント解説

①エアコン設置(全市立小中学校)
②省エネ化に向け太陽光発電設備を整備(全市立小中学校)
③すべてのトイレをセミドライ化(美装化、全市立小中学校)

さらに全市立幼稚園・小中学校の耐震化府内初

府内33市初、耐震化をいち早く達成!

平成27年度完了予定であった耐震化工事を前倒しして、平成22年度末、府内33市で初めて全ての市立幼稚園、小中学校校舎並びに屋内運動場の耐震化を完了しました。

学童保育の延長利用

午後7時まで学童保育の延長利用可能!

午後7時まで学童保育の延長利用ができるので、お迎えが少し遅くなってしまう日も安心です。
平成27年度から学童保育の対象が6年生までに引き上げられました。

ポイント解説

午後7時まで学童保育を利用できるのは、大阪府内43自治体中、16自治体のみ(平成26年度時点)

延長利用実施日 月〜金曜日の学童保育開室日(土曜日の延長保育なし)
延長利用時間 午後5時〜7時
児童帰宅時 保護者のお迎えが必要
延長保育料 利用1日あたり250円(別途減免あり)

自由な遊び場開放事業

放課後の自由な遊び場を子どもたちに開放!

放課後に友だち同士や年齢の異なる子どもたちがいろいろな遊びを通じてふれあいの機会を広げられるよう、箕面市内の市立小学校の体育館や運動場、余裕教室の一室を開放しています。遊び場がたくさんあって、いいですよね。

ポイント解説

放課後の子どもたちに向け、市立小学校の体育館や教室などを開放し、遊び場を提供しています。
①対象は小学校の児童
②ドッジボール、サッカーボール、オセロ、ブロック等の遊具がたくさん
③指導員を配置して安全性を確保しながら、子どもたちの自主性・主体性を尊重し温かく見守ります。

全市立小中学校でおいしい給食

校内で調理した
できたての給食が食べられます!

箕面市ではすべての市立小中学校で、栄養バランスの整った完全給食を実施しています。地産地消にも力を入れており、市農業公社と連携して、市内で収穫された野菜を可能な限り取り入れた、安全でおいしい給食です。また、学校では、給食を食育の教材のひとつとして活用し、子どもたちへ食べることの大切さを伝えています。

ポイント解説

①箕面産の旬のとれたて野菜を使った給食
②全校校内で調理された、できたてで作り手の顔が見える給食
③食物アレルギーなどで食べられない食材がある人にも除去食で対応している給食

生徒指導専任教員

生徒指導専任の箕面独自
教員を市立小中学校に配置

生徒指導に専任できるよう授業支援員を追加配置しています。不登校生徒数の推移を検証した結果、専任教員の配置後は不登校生徒数が国・府平均と比べ大幅に減少し、ピーク時から半減する効果が見られています。

ポイント解説

①箕面市独自の授業支援員を小学校及び中学校13校に配置
②平成17年導入後、不登校生徒数がピーク時から約50%減少

学校防犯システム

子どもの登下校を見守るシステム

全市立小中学校へ学校防犯システム(登下校ミマモルメ)を導入しています。登下校時にお子さまが校門を通過した時刻を保護者宛にメール配信するサービスもありますので、とても安心です。

ポイント解説

①無償で貸与さるICタグを感知することで、職員室で登下校の情報を保存
②防犯カメラが登下校状況を見守り、映像データを保存
③登下校時刻をメールで配信する有償サービスがあり、子どもの登下校情報がリアルタイムで届きます。(月額505円/税込)

新放課後モデル事業

勉強・スポーツ・遊びを選ぶ放課後を提案!

全児童を対象に、放課後や土曜日、長期休業中に勉強・スポーツ・遊びと子どもたちが自由に選んで楽しめる「放課後」を学校が中心となって考えて実施していくモデル事業を平成25年度から豊川北小学校及び中小学校の2校で実施しています。

「箕面市待機児童ゼロプラン」推進中

待機児童ゼロに向けて
保育所を新設しています

保護者が仕事に復帰される際に、待機期間なしでお子さまを保育所にあずけられたら助かりますよね。
箕面市は現在、待機児童ゼロに向けて、保育所の新設を行っています。

箕面子どもステップアップ調査

小中9年間を通して箕面独自
子どもたちの成長をバランスよく育みます。

「箕面子どもステップアップ調査」は、箕面市独自の調査で、小中9年間を通して継続的かつきめ細やかに子どもたちの総合力を育成し、「学力・体力・豊かな心」をバランスよく育みます。

ポイント解説

①学力調査
◦小学1年生〜中学2年生(1年生〜8年生)を対象に、11月までに学習した範囲で「学力調査」を実施し、子どもたち一人ひとりの到達度を把握・分析します。
◦中学2年生(8年生)を対象に「英語能力判定テスト」(英語検定4級レベル)を実施します。

②体力・運動能力、運動習慣等調査
◦子どもたち一人ひとりの発達段階に応じた基本的な運動能力を調査し、基礎体力の向上を図ります。
◦日頃の運動習慣等を把握し、学校での様々な取り組みにつなげるとともに、家庭や地域と連携して課題の改善を図ります。

③学習状況・生活状況調査
◦子どもたちの学習習慣、ご家庭や学校での生活状況をアンケート形式で調査し、自尊感情などの向上及び学習課題や生活課題の改善を図ります。

子ども医療費助成制度

中学生まで対象!所得制限なし!所得制限なし

子どもの医療費の助成制度があるから、迷わずにお医者さんへ連れて行ってあげてください。
箕面市に住んでいて健康保険に加入している中学生までの全てのお子さまが対象となります。

ポイント解説

①0歳から中学生まで、通院、入院の医療費を助成
②所得制限なし
③1日500円(医療機関ごと)のみ負担(健康保険扱いとなる医療費のみ)
④お支払いの自己負担額上限は月2,500円まで!

子どものインフルエンザ予防接種助成

生後6か月から小学生までの
子どもを対象に予防接種費用の助成!

子どもの医療費の助成制度があるから、迷わずにお医者さんへ連れて行ってあげてください。
箕面市に住んでいて健康保険に加入している中学生までの全てのお子さまが対象となります。

ポイント解説

①助成対象: 接種日現在、生後6か月から小学6年生までの市民
②助成内容:1,000円が割引になるクーポン券を2枚、対象者あてに送付し、合計2回の接種で2,000円の助成

おひさまルーム

広がる子育ての輪
交流の場「おひさまルーム」

「おひさまルーム」には、子どもと保護者のかたの「遊び場」、「交流の場」としてご利用いただけるプレイルームがあります。年齢別など様々なプログラムもあり、子育ての輪が広がります。みんなで交流しながら、子育てしましょう!

ポイント解説

①未就園のお子さまと保護者のかた同士の遊び場・交流の場として市内3か所(かやの・みのお・ひじり)に展開中です。
②年齢別のオープンスペースやプログラム、絵本や紙芝居の読み聞かせ、子育て相談など、様々な催しを行っています。
③利用は無料、オープンスペースは申込み不要です。

おひさまネット おひさまメール

WEBで子育てお役立ち情報を入手できます

市が運営する子育て情報サイト「箕面市おひさまネット」と、保育所・幼稚園の園庭開放やイベント情報などをお子さまの年齢別にお届けする「おひさまメール」で、箕面市内の子育て情報を手軽に入手することができます。旬の情報がすぐ手に入るのでとても便利ですよ。

子育て応援幼稚園

私立幼稚園でも府内断トツ
公立幼稚園と負担額が同じ!

通常の保育時間以外(早朝・夕方)や夏休みなどの長期休業中も預かり保育を行っている私立幼稚園を「子育て応援幼稚園」に認定。実質保育料が公立幼稚園と同額になるよう市が補助します。 3〜5歳のお子さまの場合、保育所以外にも選択肢が広がりますね。

ポイント解説

①子育て応援幼稚園、認定こども園(基本利用コース)に通園される場合、実質保育料が公立幼稚園と同額になるよう市が補助します。
②市内の私立幼稚園は全て「子育て応援幼稚園」。また、市外の私立幼稚園でも、「子育て応援幼稚園」なら補助金を支給します。
③おおむね8時〜18時、園により7時半〜19時までの長時間保育や、長期休業中の預かり保育を実施しています。
④働く保護者にとっては保育所以外にもお子さまを預けられる場所の選択肢が広がります。

こんにちは赤ちゃん訪問

全てのお宅へ「こんにちは赤ちゃん訪問」

生後4か月を迎えるまでの赤ちゃんのいるすべての家庭に、子育ての専門家の保育士さんが来てくれます。自宅で赤ちゃんの様子を見てアドバイスをもらったり、気軽に育児相談ができるので、安心です。

ポイント解説

①生後4か月を迎えるまでの赤ちゃんがいる全てのお宅へ保育士が家庭訪問を行い、子育てに関する情報提供や育児相談をお受けします。
(新生児・産婦訪問を利用したお宅へは赤ちゃん訪問はありません)
②費用無料

2か月育児相談会

子育て中のママの悩みを解消します!

子育てが始まり少し経つと、子育てへの不安が高まるもの。
そんな悩めるママさんの悩みを、保健師と助産師による相談会で解消します。交流の時間もあるので、ママ友の輪も広がりそうですね。

ポイント解説

月1回、2か月児(第1子)と母親を対象に育児相談会を開催します。
◦身体測定、助産師による母乳・育児相談、絵本やわらべうたの紹介、交流などを通じて、子育ての悩みを解消できます。
◦予約制で20組まで

赤ちゃんの駅

「赤ちゃんの駅」が
あるから楽しく外出できます

誰でも気軽に立ち寄れて授乳やおむつ替えができるスペース「赤ちゃんの駅」が市内に75か所もあるんです。
だから、赤ちゃんと一緒に夕食の買い物などのちょっとしたお出かけも楽しむことができます。

お産は箕面市立病院へ

安心、安全な出産をモットーとした分娩体制

お産するなら箕面市へ!全国モデルにも選ばれた箕面市立病院では、安心してお子さまを産んでいただけるよう、分娩時はもちろん、産前・産後も充実の支援体制を整え、妊婦さんを全力でサポートします。

ポイント解説

箕面市立病院では、箕面市で育つお子さまの最初の窓口として、妊婦さんを支える充実のメニューを取り揃えています。

◦総合病院であるため、
出産に伴う様々な疾病に対しても対応が可能
◦出産前の助産師による妊婦相談の実施
◦出産後の母親を対象とした「すこやか教室」の実施
◦妊産婦を対象とした「お点前サービス」の実施
◦ビデオやカメラ撮影可能な立会い出産の実施
◦妊産婦食および家族会食サービスの実施
◦退院後の母乳外来の実施
◦母児同室の実施
◦里帰り出産の実施
◦「滝ノ道ゆずる」と「モミジーヌ」のオリジナルおくるみプレゼント など

豊能広域こども急病センター

深夜にお子様が高熱を出されても、心強い!!

「豊能広域こども急病センター」という子どもに特化した医療機関が、箕面市立病院の隣にあるんです。だから、通常病院が開いていない深夜や休日に、お子さまが熱を出してしまっても診察が受けられるんです。

ポイント解説

①子ども(中学生以下)の夜間及び休日の急病に対する外来診療を365日体制で実施
②箕面・豊中・池田・吹田市の各医師会及び大阪大学医学部附属病院、国立循環器病研究センター等の小児科医師が交代で診療

箕面まごころ応援カード

約160か所の店舗で
割引等の独自サービスあり!

箕面まごころ応援カードを市内約160か所(平成26年10月末時点)の取扱店で提示すると、割引や粗品進呈など各店独自のサービスが受けられます。カードの発行手続きも簡単です。(即時発行)

ポイント解説

対象は、子ども(18歳に到達後、最初の3月末日までの子)を養育する子育て世帯と65歳以上のかた。

子ども総合窓口

窓口1つで子どもに
関する色々な手続きが簡単に

「子ども総合窓口」で子どもに関わる手続きのワンストップサービスを実施しているので、手続きが簡単です。
子育てに関するセクションが集結する「子ども総合窓口」が設置されているのは、子育てに力を入れる箕面市ならではです。

子どもに関する手続きなら市役所別館2階西側へ!
下記の手続きが1つの窓口で完結します。

①保育所への入所
②幼稚園への入園
③児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当の申請
④学童保育利用の申請

豊かな暮らしを叶える
魅力が揃う街

ゆとりの街区計画自由設計2×4工法W発電

0120-110-445
  • ご来場の予約
  • お問い合せ・資料請求
  • ACCESS MAP 現地案内図
  • OUTLINE 物件概要
ページトップへ戻る